なかなか買い手のつかなかった不動産を売却できました

土地を再開発して地域の活性化

税金だけ支払っている売れない土地近年の一軒家ブーム土地を再開発して地域の活性化

現在の住宅地における問題点の1つとして、地方都市の過疎化による様々な施設の減少と言うものがあります。
これはこれから社会が進み核家族化が進んでいる中で子供たちがより便利な地域に住宅を建て高齢者ばかりが残ってしまうと言う事から様々な施設の運用が立ち行かなくなり、これらの施設が撤退してしまうことで非常に不便な場所となってしまうものですが、これらを様々な手段で新たに活性化させることで再び生活環境を整えることができると言う発想でした。
このような趣旨に賛同する事は非常に意義のあることであり、また私自身もこれまで持て余していた不動産を処分することができるので非常に良い条件だと考え売却することを決めたのです。
最終的にはこの会社でこれらの土地を再開発し非常に活性化された住宅地へと生まれ変わっていました。
私が土地を所有していた頃とは見違えるほど住宅地として栄えており、これほど栄えるのであれば処分せずに自分で家を建てたほうがよかったかなと思う位ですが、結果的には良い不動産業者に巡り会えたと考えています。
また、将来は現在の住宅を処分してこの場所に新たな住宅を購入したいと考えるようになりました。

不動産 売却不動産