なかなか買い手のつかなかった不動産を売却できました

近年の一軒家ブーム

不動産 売却 / 不動産

この会社の計画は周辺にも同じようになかなか売却できない土地があり、これらをまとめて購入し再開発を行うことで小さな住宅地を作ると言うものです。
その近辺にはすでに住宅も点在しており、実際に住んでいる人もいるのですが、これらの人も近隣にスーパーなどがなく非常に不便な思いをしていると言う事から、この会社では新たに購入したところに住宅を建てるのと同時に既に建っている住宅も含めて新たな住宅地として再開発を行い近隣にスーパーやその他の施設を誘致すると言うものでした。
はじめはこのように都合の良い話があるのかと考えてしまいましたが、担当者によればその根拠となるのは近年の一軒家の住宅ブームが根拠になっているとのことです。
多くの人が若いうちから自分の住宅を購入することを望んでおり、そのため安い住宅を購入したい人が非常に増えていると言う点や、現在住宅の数が少なく利用者が見込めないことからスーパーなどの施設が建設されないと言う背景があるため、住宅地として住民の数が増えればこれらの施設を誘致することが十分に可能になると言うものでした。
そのため、これらの再開発を行うために私の土地を売却してほしいと言うものであったことから、私としてもなかなか処分できずに困っていた土地を売却できるチャンスとして非常に興味を示したものです。

税金だけ支払っている売れない土地近年の一軒家ブーム土地を再開発して地域の活性化